スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.01.13 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

遅ればせながら・・・



皆さま、新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

穏やかな9連休とは打って変わって、低温注意報が毎日のように発令されている宮城県。
アクティブな活動には一切身が入らず、温泉三昧になってしまった今日この頃・・・。

ブログとか、ツイッターなるものも、ひとつのプームなんだろうなと、
スマホに夢中になる人々を見てそう思う。して、次のブームは何だろう?
などと、冷めた目でついつい見てしまう意地悪なオッサン。

去年50才になった。なんにも嬉しくない。しかし、歳を取ることだけは人類皆平等だ。(笑)
写真は川渡温泉の藤島旅館。相変わらずの豪雪地帯だなぁ・・・ と、深い意味もなく撮影。

こうしなければ・・・ は、仕事で十分。
こうしたいという意欲は、私生活で発揮!甘いか。
なので、こうしたいという情熱が湧き出てこない限り、湧き出てくるまで待つのがいいような気がする。
人は沈みっ放しではないのだから・・・。

変化はもうたくさんというのが本音。
穏やかに、たおやかに、湯に浸かるように心と体を暖めながら、のんびり生きていこうと思う。

ブログ、とりあえずの再開

 


このサルメンエビネを撮影中に、ザックからキーケースが消えた5月。
散々だった。いくら探しても藪山の奥に潜ってしまったのか、とうとう見つからなかった。


それでも一呼吸置いて、撮影を続けた・・・ いや、記憶が断片的に飛んでいる。
これはその前に撮ったものだろう。たったの100屬寮こΔ如∩蠹気が滅入った。神経が磨り減った。



捜索を中断して、昼食にすると、ガサガサという音と共にフォーという声がした。
クマだ!逃げないと・・・。そう思ったが、好奇心旺盛な私は、身を低くして近づいてしまった。

正体はカモシカ君だった。
しかし、このカモシカ君は、威嚇しながらこっちに向かってきた。
怖くて一瞬逃げて、再びカメラで追うと急斜面を悠々と駆け上っていった。

それからカミサンを呼んでスペアキーで何とか帰宅した。
いつも語り明かしていた親しい方を4月に失った。そのせいか、心身共に不安定な一年だった。

仕事にも悩んだ。人間関係にも悩んだ。失敗だらけのどうしようもない年だった。
久しぶりにブログを書こうと、こうしていても、自己嫌悪のダメージがまだ残っているようだ・・・。


純白のイベリス






まるで、マツムシソウを白くしたかのようなイベリス。
大分暖かくなってきたので、これからが楽しみな宿根草。
ゴマノハグサ科の純白の醍醐味を、去年以上にぜひ堪能してみたいと思う花のひとつ。

朝の森



まだまだ森には雪が残る。
あと何回降るのだろうか・・・ などと思っているうちに、気温が上昇し、大分春めいてきた。

陽だまりのロウバイ




 

やはり鉢ものは、開花が早い。
移動できるからすこぶる元気、元気!

今冬に購入したロウバイが今、最盛期を迎えようとしている。
ロウ細工のような花は、いつ見ても繊細で魅力的。

こうして、やがて野山にも花の咲く季節がやってくるのだろう。

プレムラ、プリムレット



3月になって、こちらも幾分春めいてきた・・・ といっても最低気温はまだまだ氷点下。
そこで今回は、2月中旬に購入したプリムレットを掲載。
元気ハツラツな品種で、フリルがついているところと黄、白、紫の色合いが断然素晴らしい。

福寿草開花!



鉢植えにした福寿草がやっと開花した。
さすがはキンポウゲ科。なぜか、その言葉だけで逞しさを感じる馬鹿な私。(笑)



生きている、生きているよなぁ〜と、不思議な力を感じる。
自生のものはまだまだだが、鉢植えにすると場所を移動できるので、開花調整もうまくいく。

昼に開いて夜に萎む花だけれど、
「ありがとう!」と、素直に言える日本古来から早春を告げる花。
いつか私も、こんなに逞しく育ってみたいなぁ〜・・・ などと眺める度にそう思うのであった。

またしても寒波到来!



これは今朝早く、森に積もった雪を捉えたもの。
またしても寒波到来!-5〜6℃の世界に逆戻り。

せっかく咲こうとしている花たちも、これでまた、リズムが狂わせられた。
なんか、なんか、年々冬の寒さが増してきているように思うのは私だけであろうか? 

ウバユリの花殻



久しぶりに先週は、雪の丘陵地を歩いてみた。
開放感に飢えていたようで、2時間近く雪の残る斜面を味わう。

ウバユリの花殻と思われる物体が、異様に突出していたのでカメラを向ける。
うーん、雪の白に映えて意外にも綺麗と、素直に思ってしまった。



これなんかはワニのよう・・・
今にも噛み付かれそうだ。(笑) 

根雪が深いものの、春は確実にやって来ている。
その要因は、日照時間が長くなったのと、晴れた日の太陽が眩しいから・・・。

春の足音



秘密の場所に、絶滅危惧種の福寿草が咲く。
一生懸命に咲いて、アッという間に散って葉っぱだけになる。

楽しみな季節が少しずつ近づいて来た。
三寒四温ならぬ、六寒一温の日々だけど、確実に春の足音が聞こえる。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

access counter

ranking site

time is this now

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ブログ、とりあえずの再開
    カゴの鳥
  • 純白のイベリス
    hime
  • ワレモコウと秋の空
    カゴの鳥
  • 高山に咲くエゾオヤマリンドウ
    カゴの鳥
  • 陽だまりのロウバイ
    Mr.MOMO
  • またしても寒波到来!
    Mr.MOMO
  • 陽だまりのロウバイ
    hime
  • 福寿草開花!
    Mr.MOMO
  • 福寿草開花!
    hime
  • またしても寒波到来!
    カゴの鳥

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

jugem presents